なぜ朝起きれないのか?低血圧とホルモンとの関わり

朝起きれず悩まれる方は多くいらっしゃいます。
理由としては低血圧という理由もあるかと思いますがなぜ低血圧になるのでしょう⁇
ホルモンとの関わりを見ていきます!

1. コルチゾールのとは?
   – コルチゾールは副腎皮質から分泌されるホルモンで、ストレスへの対応や生体リズムの調整に関与しています。通常、朝にピークを迎え、夜には低下します。

2. 低血圧とコルチゾールの関わり
   – 朝、コルチゾールの分泌がピークに達し、これが血圧を上昇させます。低血圧の場合、この過程がスムーズにいかないことがあり、起床時に不調を感じる原因となります。

3. コルチゾールと副腎疲労の関わり:
   – 長期間にわたる慢性的なストレスや不規則な生活習慣は、副腎がコルチゾールを過剰に分泌する状態、または逆に過少になる状態につながり、これが副腎疲労を引き起こす可能性があります。

4. 副腎疲労の改善方法
   – 規則正しい生活習慣、睡眠や食事、運動を規則正しく行うことが重要です。
   – ストレス管理: マインドフルネスやリラックス法を取り入れ、ストレスを軽減します。
   – 栄養バランス: 必要な栄養素を摂り、副腎機能をサポートします。
   – 適度な運動: 適度な運動はストレスの軽減に寄与し、副腎機能を正常に保ちます。

起床時の低血圧や疲労感は、コルチゾールや副腎機能の乱れが関与している可能性があります。健康的な生活習慣の整備が、これらの問題を軽減し、身体の調子を整える手助けとなります。