中鎖脂肪酸(MCT)とダイエット、また代謝誘導性熱産生(DIT)との関係

中鎖脂肪酸(MCT)は、ココナッツオイルやパーム油などに多く含まれる特殊な脂肪酸です。通常の脂肪酸とは異なり、MCTは体内で消化・吸収が早く、肝臓でエネルギーとして迅速に利用される特性を持っています。

ダイエットとMCTの関係に注目すると、MCTは体脂肪の蓄積を抑える効果があるとされています。MCTはエネルギー源として速やかに利用されるため、他の脂肪酸よりも脂肪蓄積の可能性が低くなると考えられています。MCTを含む食品を適度に摂取することで、ダイエットや体重管理にプラスの効果が期待出来ます!

さらに、MCTはDIT(代謝誘導性熱産生)にも関与しています。DITとは食事を摂取した際に生じるエネルギー消費のことを指します。MCTを摂取すると、体内でのエネルギー代謝が活発になり、DITが増加するとされています。つまり、MCTを含む食品を摂取することで、消費カロリーが増え、ダイエットや体重のコントロールがサポートされると言われています。

MCTオイルを利用して理想の身体を作りましょう!!