ボディメイクに最重要システム『前庭覚』

前庭覚システムは、私たちの身体におけるバランス、位置、方向を感知し、制御するための重要な感覚システムです。このシステムは、内耳内にある前庭器官と、それから発信される情報を中枢神経系に送る神経経路から成り立っています。

前庭器官は、内耳内の半規管と呼ばれる三つの液体充填された構造からなります。これらの構造は、頭の動きや身体の位置変化を感知し、脳にその情報を送信します。この情報は視覚情報や体性感覚と組み合わせて、私たちがどこにいて、どの方向に向いているかを理解するのに役立ちます。

前庭覚システムは日常生活において極めて重要です。それにより、私たちは安定した姿勢を保ち、歩行やバランスを維持し、緊急時に素早く反応することができます。また、前庭覚は視覚情報と協力して、私たちが物体や景色を正確に認識するのにも寄与しています。

現代の生活では前庭に負荷を加える加速などが少なく前庭の機能は衰えやすくなります。
前庭の機能が低下することで身体が危険だと察知して身体の無意識的な緊張を作ります。
身体が緊張状態で動くと怪我の可能性が高くなったり、日常生活から余計な筋肉を使いふくらはぎが勝手に太くなるなどボディメイクに悪影響を及ぼします。
前庭にある程度の負荷を掛けてより良い身体を作り上げましょう!