妊娠中でも運動出来るの⁇
妊娠中でも安全に運動出来るポイント!!

妊婦のスポーツ安全管理基準における運動環境とメディカルチェックの要点は以下を参考にして下さい!

運動環境:
– 暑熱環境下での運動は避けるべきです。
– 陸上のスポーツは平坦な場所で行うことが望ましいです。
– 高地の低酸素環境下での運動は、順化していない場合は避けるべきです。
– 減圧環境下での運動も避けるべきです。
– 運動は午前10時から午後2時の間に行うことが望ましいです。
– 週に2〜3回、1回の運動時間は60分以内に制限されます。

メディカルチェック:
1. 妊婦スポーツ教室を受ける場合:
   – 医療施設が併設されているか、または緊密な医療連携が確立されていることが望ましいです。
   – 運動開始前後に母体の血圧、心拍数、体温、子宮の収縮の有無、胎児の心拍数などのメディカルチェックが行えることが望ましいです。

2. 個人でスポーツを行う場合:
   – スポーツを行っていることを産科主治医に伝えるべきです。
   – スポーツ前後に心拍数を測定し、スポーツ終了後には子宮収縮や胎動に注意するべきです。
   – 体調の変化に注意し、不調を感じた場合にはすぐに医師に報告するべきです。

これらの基準を遵守することは、妊婦のスポーツ活動をより安全に行うために重要です。ただし、具体的な状況に応じて産科医の指導と協力が必要です。