“エストロゲンドミナンスと生理痛:不思議な関係”

このコラムでは、エストロゲンドミナンスと生理痛の関係について深堀りしてみましょう。エストロゲンドミナンスは、女性の体内でエストロゲンが相対的に過剰になる状態を指します。これが、生理痛にどのように影響を与えるのか、解説していきます。

エストロゲンは子宮内膜の成長を促進し、生理痛の原因となる子宮収縮を引き起こすことがあります。エストロゲンが過剰に分泌されると、生理痛がより激しくなる可能性があります。また、エストロゲン過多は炎症を引き起こし、痛みを増幅させることがあります。

このような状態を軽減するために、生活習慣や食事の見直しが必要です。エストロゲン過多を抑え、生理痛の緩和に向けた具体的な対策を見つける手助けとなる情報をお届けします。

・慢性的な炎症
脂肪肝、歯周病、肥満などの状態は身体の慢性的な炎症を引き起こします。
身体の炎症を抑制するためにエストロゲンが多く作られエストロゲンドミナンスの状態になってしまいます。

もし肥満などであれば生活習慣を改善して
エストロゲンのバランスを適正にして痛みの少ない身体を作っていきましょう。