何故ピラティスで腰痛が改善するのか?

腰痛などでお悩みの方はとても多いと思います。
実際にあるデータによれば2800万人が腰痛の症状があるということでした。

国民の4分の1程度ですのでかなりの人数ですね。
腰痛の対策としてマッサージなどの徒手的なアプローチが多いですが腰痛症の場合それだけでは改善しないことが多くあります。
その理由として下記の研究があります。

■ 痛みのない被検者が重りを持ち上げる動作を反復した際は脊柱起立筋において各動作ごとに違った筋発火パターンが観察された。また腰痛を持つ夜検者においては脊柱起立筋の同じ部位の活性化が増幅し、筋活動に多様性が観察されなかった

Falla et al. Reduced task-induced variations in the distribution of activity across back muscle regions in individuals with low back pain. 2014.

これはどういうことかというと
『痛みがある方は動作の際に同じ筋肉ばかり使っていたが痛みの無い方は様々な筋肉をバランス良く使っていた。』
ということになります。

ピラティスの場合は曲げる、反る、捻るなど多種多様な動きをすることでその動きを行う筋肉を活性化し、バランス良く刺激することが出来ます。

マッサージを受けるというのも最初の段階では悪くはありませんがそれだけでは自分の筋肉を使うパターンまで変化させることはありません。

ハピっとの場合はご高齢の方などでも安心して身体を動かせるようにピラティス専用のマシンがありますので多種多様な動きを練習して痛みなく身体を動かしていきましょう❗️❗️