体重、姿勢が変われば膝の痛みが良くなる⁉︎

「変形性膝関節症:体重過多と姿勢の関係」

変形性膝関節症は、体重過多や特定の姿勢と密接な関係があります。体重の増加は膝関節にかかる負荷を増やし、特定の姿勢は関節に不必要な圧力をかけることがあります。

【運動が体重過多、姿勢を改善できる理由】

1. **体重管理**: 運動によって体重をコントロールすることで、膝関節にかかる負担を減らすことができます。
2. **筋力強化**: 適切な運動は筋肉を強化し、膝をサポートするため、姿勢を改善し関節への負荷を軽減します。
3. **柔軟性向上**: 運動による柔軟性向上は姿勢の調整や正しい体の使い方をサポートし、膝への圧力を軽減します。

運動や食事管理は膝の痛みを減らす大きなサポーターになりますので健康的な食事、運動を行っていきましょう!!