妊娠、出産後の謎の腰の痛み 『仙腸関節痛』

“妊娠中の腰痛と出産:仙腸関節の影響”

お腹の赤ちゃんが生まれるために、体の骨盤の一部である仙腸関節は妊娠中に動き始めます。
この動きは体の準備の一部で、お腹の赤ちゃんの出産を手伝うために行われます。
ただし、この動きが大きすぎたり、うまく調整されなかったりすると、腰の不快感や痛みを引き起こすことがあります。これは特に、お腹が大きくなり体重が増えたり、お腹の赤ちゃんが成長するにつれて起こりやすくなります。妊娠中や出産後に腰の痛みを感じることがあるのです。

仙腸関節痛は骨盤がズレて緩みやすい状態に入っていますのでピラティスなどで骨盤の位置を修正して痛みが出にくい状態を作りましょう!!