新しい新常識!!血糖の変化が身体のストレスに⁉︎

身体がツライ、ストレスが溜まっているこのような方はいませんか⁇
日々の仕事などで身体にストレスが溜まり続けると披露して身体にも大きな影響を与えます。
ただ実はストレスというのは精神的なものだけでなく今回のトピックスである『血糖値の変動』も身体にとってはストレスとなります。

日々の生活でストレスを感じる+血糖値の変動が多いお食事でさらにストレスを身体に与えるとそれは身体も悲鳴をあげてしまいますよね。
今回は血糖値の大幅な変動が何故身体に大きなストレスになるのかを解説します!!

まず血糖値が急激に変動することは、身体にさまざまなストレスを与える要因の一つです。これには、血糖値の乱高下とストレスホルモンであるコルチゾールの関連が深く関わっています。

**1. 血糖値の乱高下とコルチゾールの関係**

血糖値が急激に上昇したり低下したりすると、体内のホルモンがバランスを崩し、特にコルチゾールの分泌が増加します。コルチゾールはストレスホルモンとして知られ、血糖値の変動に敏感に反応します。その結果、身体は継続的な緊張状態になり、これが長期的に続くと様々な健康問題が引き起こされる可能性があります。

**2. 血糖値の乱高下を引き起こす食品**

以下は血糖値の急激な変動を招く可能性のある食品です:

●高GI(糖質指数)食品: 白米、パン、砂糖などは急激な血糖値の上昇を引き起こす可能性があります。

●プロセス食品: 高加工度の食品は通常、急激なエネルギー供給となり、血糖値の不安定さをもたらすことがあります。

●過度な飲酒: アルコールは血糖値を乱高下させる要因となります。

・結論

血糖値の急変動は身体にとってストレスとなり、特にコルチゾールの増加が関与します。バランスの取れた食事や生活習慣の見直しは、血糖値の安定性を保ち、健康を維持する上で重要です。