『食べる選択が脳の未来を形作る?』不健康な食生活と認知症の密接な関係”

●認知症とは?
認知症は、脳の機能が低下し、日常生活に支障をきたす病気の総称です。主な症状には記憶障害、認識力の低下、言語障害などがあります。高齢者に多いですが、若年性認知症も存在します。

●不健康な食生活がなぜ認知症に影響を与えるのか?

食事は脳の健康に密接な関わりがあります。不健康な食生活、例えば、高脂肪・高糖分の食品が過剰な場合、炎症や酸化ストレスが引き起こされ、これが認知症の原因となる可能性があります。また、栄養不足も重要で、脳に必要な栄養素が不足すると、脳の機能が低下しやすくなります。

バランスの取れた食事は、抗酸化物質や脳機能に良い影響を与える栄養素を摂取しやすくします。オメガ-3脂肪酸、抗酸化ビタミン、ミネラルなどは、認知機能を保護するのに重要です。総じて、健康な食生活は認知症のリスクを低減する一環と言えます。