CMで話題の短鎖脂肪酸ってなに⁇

1. 短鎖脂肪酸とは?
短鎖脂肪酸は、腸内細菌が食物繊維を分解する過程で発生する有機酸の一種です。主に酢酸、プロピオン酸、酪酸の3種類があります。

2. 腸に与える影響
これらの短鎖脂肪酸は腸粘膜の健康を促進し、腸内環境を整えます。それにより、便通が改善され、免疫機能が強化されるなど、腸内の健康をサポートします。

3. 脂肪酸受容体との関係
短鎖脂肪酸は、脂肪酸受容体に作用し、代謝プロセスに影響を与えます。これが、体内のエネルギー代謝を調整し、炎症を抑制するなど、脂肪細胞にエネルギーを送りにくくなるなど健康やダイエットでとても重要な働きをします。

短鎖脂肪酸は食物繊維を腸内細菌が分解する事で作られますので毎食食物繊維が豊富な野菜や海藻などを加えて食事をしましょう!