“GLP1はダイエットの救世主”

●GLP1と食物繊維、回腸の関わり

GLP1(腸管性グルカゴン様ペプチド1)は、腸で生成されるホルモンで、食事の刺激を受けて放出されます。このホルモンは、特に食物繊維が多く含まれる食品を消化する際に活発になります。食物繊維は腸内で発酵し、GLP1の分泌を促進することが知られています。また、回腸(小腸の最終部分)でGLP1が分泌されるため、ここでの食物繊維の影響が大きいです。

●GLP1が脂肪細胞とダイエットに与える影響

GLP1は脂肪細胞に直接影響を与え、脂肪の蓄積を抑制します。さらに、GLP1は食欲を抑制し、食事中のカロリー摂取を減少させる効果があります。ダイエット中にGLP1の活性が高まることで、脂肪の分解やエネルギーの消費が促進され、体重管理がサポートされます。

このように、GLP1は食物繊維や回腸と密接な関係にあり、その複合的な作用がダイエットにプラスの影響を与えることが期待されます。