入眠を改善するのは腸内環境から⁉︎腸とホルモン生成について

●セロトニン、メラトニン、腸の関わりと入眠について
・セロトニンの役割:  セロトニンは幸福ホルモンとして知られ、摂取した食物によって合成されます。腸内細菌がセロトニンの一部を生成し、このホルモンが良好な気分やリラックスをもたらし、入眠に寄与します。

●メラトニンの生成:  セロトニンは夜間、メラトニンに変換されます。メラトニンは体内時計を調整し、眠りの質を向上させます。腸内のバランスが整っていることが、このプロセスに影響を与えます。

●体内時計と朝食の関係について:
体内時計のリセット: 体内時計は日中の太陽光を感知し、夜にメラトニンの分泌を促進します。朝食を摂ることで、体内時計がリセットされ、昼間の活動や夜の休息のリズムが整います。

●朝食とエネルギー供給: 朝にバランスのとれた食事を摂ることで、エネルギー供給が安定し、昼夜のリズムを維持しやすくなります。これが、入眠に良い影響を与える一因です。

入眠をサポートするためには、腸内のセロトニンとメラトニンの調和が不可欠です。また、朝食を摂ることで体内時計を整え、良好な入眠環境を整えることが重要です。