「デジタル時代の視覚疲れと頸部緊張:目と首のバランスを整えるコツ」

●視覚の中心視、周辺視野について説明

視覚は中心視と周辺視野から成り立っています。中心視は細かい作業や詳細な情報を処理し、周辺視野は広い範囲の情報を捉えます。デジタル画面の利用が増える中、中心視の過剰な使用が問題となっています。

●中心視を過剰に使うことで頚部の過剰な緊張が出る理由について

デバイスや画面に集中することで、中心視が過剰に刺激され、これが頚部の緊張を引き起こす可能性があります。姿勢の悪化や画面に強く焦点を合わせることで、首の筋肉が不自然な緊張を生むことがあります。

デジタル時代において、我々の視覚と首には新たな課題が発生しています。「中心視」と「周辺視野」のバランスを保つことが重要です。画面に集中しすぎず、定期的な視線の転換と姿勢の確認が必要です。

中心視の過剰な使用が頚部の緊張を招くメカニズムは興味深いものです。画面に夢中になると、首が前傾し、その重さに耐えるために筋肉が緊張します。これが続くと、首のコリや痛みが生じる可能性があります。

●視覚に良い日常生活

・30分に1回は視線をズラす
パソコン作業をしていても30分に1回は別の場所に視線を移しましょう!

・お散歩をしましょう
お散歩することで中心視ではなく周辺視野からの入力が多くなり、身体のリラックスを作ってくれます!

バランスのとれた視覚環境と健康な首の使い方を心がけ、デジタルデバイスとの調和を図りましょう。