「なぜ身体は固くなるのか??」

●デジタル社会と身体の緊張:
現代のデジタル社会では、視覚や前庭覚などの感覚が過剰または不足することが増えています。長時間のデジタル画面の使用や運動不足が、身体の緊張を引き起こす主な要因となります。これにより、筋肉が硬くなり、柔軟性が低下します。

●緊張と柔軟性の低下:
過度なデジタルメディアの使用は、姿勢の悪化や筋肉の不活発化をもたらし、身体の緊張を高めます。さらに、感覚の不足や過剰な刺激により、神経系が過敏になり、筋肉が緊張しやすくなります。これが続くと、柔軟性が低下し、身体の運動能力が制限されます。

●柔軟性の重要性:
柔軟性は身体の健康に不可欠であり、関節の動きや血液の循環を改善します。柔軟性が低下すると、怪我のリスクが増加し、日常の動作に支障が生じる可能性があります。

●まとめ:
デジタル社会での感覚の不足や過剰な刺激は、身体の緊張を引き起こし、柔軟性を低下させる要因となります。適切な姿勢、定期的な運動、そしてデジタルデバイスの適切な利用が重要です。柔軟性を保つことは、身体の健康を維持し、ストレスや緊張から解放される一歩となります。