副交感神経って種類があるの知ってましたか??ポリヴェーガル理論

身体の自律神経系は、様々な機能を調整し、体内のバランスを保つ役割を果たしています。ポリヴェーガル理論は、この自律神経系の理解を深め、感情や社会的な相互作用にも関連づけられる興味深い理論です。

●自立神経の種類:
自立神経は交感神経と副交感神経の2つの要素から構成されています。これらは対照的な役割を果たし、連携して身体の機能を制御しています。

●副交感神経の種類:
副交感神経は「安静時の神経」とも呼ばれ、身体をリラックス状態に調整します。この中で、ポリヴェーガル理論では、特に「社交的副交感神経」と「安静的副交感神経」の2つに焦点が当てられています。

– ●社交的副交感神経:  社交的な状況やコミュニケーションに関与する際に活発になります。人との関わりや安心感をもたらし、ストレスの緩和に寄与します。

– ●安静的副交感神経:  安静な状態やリラックスした環境で優位になり、身体の修復や再生に関与します。休息や睡眠時に活動的で、全体的な体調の維持に寄与します。

ポリヴェーガル理論を理解することで、自分の感情や行動、他者との関わりにおいて、自律神経系の影響を考える手がかりとなります。