オレキシンを抑制出来ればあなたは眠れます。

覚醒と睡眠は、日常生活において重要なリズムを提供し、健康と精神的なバランスを維持する上で不可欠な要素です。これらのプロセスは、複雑な神経活動によって制御されています。

●覚醒、睡眠について:
覚醒と睡眠は、主に脳内の特定の神経細胞の活動によって調節されます。覚醒は、コリン作動性ニューロンやモノアミン作動性ニューロンなどの特定の神経細胞の活性化によって促進されます。一方、睡眠は、これらの神経細胞の活動が抑制されることで誘導されます。

●オレキシンと睡眠の関わり:
オレキシンは、覚醒を促進する神経伝達物質です。脳内の特定の領域で産生され、『覚醒の維持』や『注意の状態』を調節します。
睡眠については睡眠中にこのオレキシンをどう抑制出来るかがポイントとなります。

●オレキシンの抑制について:
血糖値が下がる、扁桃体の活性化は、オレキシンの抑制に関与します。
血糖値が下がるとオレキシンが働き覚醒してしまいます。
また扁桃体は恐怖など情動を生み出す場所です。
皆様もご経験があるかと思いますが明日発表など何か大事なことがあると情動を生み出す扁桃体が働き、扁桃体の働きによってオレキシンが分泌し、覚醒して眠れなくなってしまいます。

血糖値が上昇すると、脳内でオレキシンの放出が抑制され、睡眠が誘導される傾向があります。また、扁桃体の活性化は、ストレス反応や不安の増加に関連し、これもオレキシンの抑制に寄与します。

普段血糖が急上昇、急降下させるようなお食事を繰り返したり、ダイエット中だからといってお米を抜くとオレキシンが過剰に分泌して眠れなくなります。
睡眠に問題がある方はまずは自分の食生活を見直してみましょう!