お腹が痛くなるのは何故?胃酸とIBSの関係

胃酸は、消化器系における重要な役割を果たす化学物質であり、体内でさまざまな機能を担っています。その働きや関連する健康問題について理解することは、健康管理に役立ちます。

●胃酸の働きとは何か?
胃酸は、胃の内壁の腺から分泌される強い酸性の液体です。主な役割は、食物を分解し、消化酵素の活性化を促し、微生物や細菌の増殖を抑制することです。また、胃酸は特定の栄養素の吸収を助ける役割も担っています。

●胃酸とミネラル、ビタミンの吸収、貧血との関わり

胃酸は、鉄やカルシウムなどのミネラルやビタミンB12などの栄養素の吸収を促進します。特に、ビタミンB12の吸収には胃酸が必要不可欠であり、胃酸不足によるビタミンB12の吸収障害は貧血の原因になることがあります。

●胃酸と消化不良、自律神経、IBS、リーキーガットについて
胃酸の過剰分泌や不足は、消化不良や胃酸逆流などの消化器系の問題を引き起こす可能性があります。また、胃酸のバランスの乱れは、自律神経の異常や過敏性腸症候群(IBS)などの消化器系の障害と関連していると考えられています。さらに、胃酸のバランスの乱れがリーキーガット症候群の発症にも関与する可能性があります。

胃酸は消化器系の健康に重要な役割を果たしていますが、その過剰または不足は様々な健康問題を引き起こす可能性があります。バランスの取れた食事や適切なストレス管理などの健康習慣を心がけることが、消化器系の健康を維持するために重要です。