何でコレステロール値が高くなるの??

コレステロールは、私たちの体内で生産される脂質の一種であり、細胞膜の構成要素やホルモンの合成に必要な栄養素です。コレステロールは、肝臓などで作られ、食事からも摂取されます。適切な量のコレステロールは、細胞の健康や機能に不可欠ですが、過剰なコレステロールは健康リスクを引き起こす可能性があります。

●コレステロール値が上がる要因と慢性炎症の関係について

コレステロール値が上がる要因には、食事や生活習慣、遺伝的要因などがあります。
特に、食事中の飽和脂肪やトランス脂肪の摂取が過剰な場合、コレステロール値が上昇する傾向があります。
また、慢性炎症もコレステロール値の上昇と関連しています。慢性炎症は、身体の持続的な炎症反応を指し、さまざまな疾患や症状の原因となります。
慢性的な炎症の要因として

・腸内環境が悪い

・虫歯、歯周病

・脂肪肝

・肥満

上記の問題があると慢性的な炎症を引き起こしてしまいますのでまずは上記の問題を解決しましょう!