無意識的な緊張どう改善する??

緊張は、日常生活や特定のイベントで感じる心の状態です。例えば、プレゼンテーションや面接など、人前で話す場面や、新しい挑戦に臨む際に感じることがあります。この緊張のメカニズムを理解することは、その対処法やコントロール方法を見つけるのに役立ちます。

●大脳辺縁系とは??
大脳辺縁系は、脳の深部に位置する部分で、感情や動機付け、報酬システムを制御する役割を果たしています。具体的には、視床下部、大脳基底核、辺縁系などの部分が含まれます。大脳辺縁系は、行動や感情の調整に関与し、特にストレスや報酬に対する反応を調整します。

●大脳辺縁系と無意識的な緊張の関わり
大脳辺縁系は、緊張やストレスと深く関連しています。緊張や不安を感じると、視床下部が活性化し、交感神経が興奮します。これにより、ストレスホルモンであるアドレナリンやノルアドレナリンが放出され、心拍数や呼吸が増加し、身体が緊張状態に入ります。

●身体の無意識的な緊張
身体の無意識的な緊張は、大脳辺縁系の影響を受けることがあります。緊張や不安が高まると、筋肉が緊張し、姿勢が硬直化したり、筋肉がこわばったりすることがあります。このような身体の反応は、無意識のうちに起こるものであり、しばしば緊張の感情と密接に関連しています。

以上のように、緊張と大脳編系の関係は深く、緊張の感情が身体の無意識的な状態に影響を与えることがあります。
運動や食事によって大脳辺縁系の上にある大脳皮質が働くようになると余計な緊張を抑えることが出来ますので無意識に緊張が出てしまう方は運動で抑制していきましょう!!