肩凝り、首凝り改善はまず目から??

肩凝りは、現代社会でよく見られる健康問題の一つです。特にデスクワークをする人や長時間画面を見る人は、肩凝りの症状を経験することがあります。肩凝りの原因の一つとして、目の使い過ぎが挙げられます。

●デスクワークと目の使い過ぎ
デスクワークをするときやスマートフォンやコンピュータ画面を見るとき、私たちは目を固定していることが多いです。このような固定された視点を「固定視」と呼びます。固定視は目の筋肉を疲労させ、目の使い過ぎを引き起こします。

●固定視と首の緊張について
固定視は、首や肩の筋肉にも影響を与えます。目が固定されると、首が前方に突き出る傾向があり、この姿勢は首や肩の筋肉を緊張させます。また、固定された姿勢を長時間維持することで、首や肩の筋肉が疲労し、さらに凝りや痛みが生じる可能性があります。

●固定視の解除には『周辺視野』が大切!!
固定視の解除には、周辺視野を活用することが重要です。周辺視野とは、視界の端や周りの景色を認識する能力のことです。
デスクワークや画面を見る作業の際に、定期的に目を休めて周辺の景色を見ることで、目の疲れや肩の緊張を緩和することができます。また、定期的なストレッチや運動を取り入れることも、肩凝りの予防や緩和に役立ちます。

目の使い過ぎが肩凝りの原因となることが理解できれば、肩凝りの予防や対処法を身に付ける上で役立つでしょう。