膝の痛みは膝のお皿が固いから!

膝の痛みは、日常生活やスポーツ活動中によく見られる問題です。特に、膝の痛みを経験する人の中には、膝蓋骨(ひざの前面にある骨)の動きが関係していることがあります。膝蓋骨は、膝関節の正常な機能に重要な役割を果たしています。

●膝の曲げ伸ばしには膝のお皿が動かないとダメ!!

膝を曲げたり伸ばしたりする際、膝蓋骨は特定の軌道を沿って移動します。この軌道は、大腿骨(ももの骨)と膝蓋骨の間の溝によって決定されます。膝が曲がるとき、膝蓋骨は溝の中を滑るように移動し、安定した動きを実現します。そして、膝が伸びるとき、膝蓋骨は溝から外れて元の位置に戻ります。

膝が痛い方は膝のお皿がタイトになり過ぎてほぼ動かないことが多いです。
膝のお皿が動かないと膝が曲がらず、痛みが出てしまいますので膝のお皿を動かせる状態にして痛みが無い状態を作りましょう!