ダイエットに精神論は失敗します。【甘い物欲編】

甘い物への欲求は、多くの人が経験する現象です。この欲求は、身体のさまざまな要因によって引き起こされることがあります。
『甘い物食べたい!!』『フラフラする。。』という症状のまま頑張って減量するのは【精神論】です。
精神論ではなかなか目標達成は難しくなります。
今回は甘い物欲について身体のメカニズムから見ていきましょう。

●甘物欲と低血糖の関係
甘い物への欲求は、低血糖と密接に関連しています。低血糖は、血液中の血糖濃度が低下する状態を指し、これにより身体はエネルギー供給が不足していると感じます。そのため、脳は糖分を求め、甘い物への欲求が生じるのです。

●低血糖と副腎疲労の関係
低血糖は、副腎疲労とも関連しています。副腎はストレスホルモンであるコルチゾールを分泌する役割を担っていますが、長期間のストレスや栄養不足によって、副腎機能が低下し、副腎疲労が生じます。副腎疲労になると、血糖の調節がうまくいかず、低血糖の状態が頻繁に起こります。

●副腎疲労とストレスの関係、副腎疲労と中途覚醒
副腎疲労は、ストレスと深く関連しています。長期間のストレスが副腎を過剰に刺激し、コルチゾールの分泌を乱し、副腎疲労を引き起こします。副腎疲労の症状には、中途覚醒や夜間の眠りの浅さが含まれます。副腎疲労は、体内のエネルギーのバランスを乱し、甘い物への欲求を増加させる一因となります。

以上のように、甘い物への欲求は、低血糖や副腎疲労など身体のさまざまな要因によって引き起こされるます。
まず甘い物欲を解決しなければ減量をしても
『甘い物食べたい!!』『フラフラする。。』
などの症状が出る可能性が高くなります。
それに頑張って我慢するという精神論は通用しません。
なぜ甘い物が食べたいのか?を理解して適切にアプローチすることが大切です!