なかなか寝付けない。。どう改善する⁇

良質な睡眠を得るためには、入眠のプロセスを理解し、それを促進する方法を知ることが重要です。体温は入眠に大きく関与しており、入眠前の体温調節が睡眠の質に影響を与えることが知られています。今回は、入眠と体温の関係について考えてみましょう。

●意外と知らない入眠と体温の関わり
入眠の過程では、体温が下がることが重要です。通常、就寝前に体温が上昇し、就寝後にゆっくりと下がっていきます。この体温の変化は、体内時計やメラトニンなどの睡眠調節物質と関連しており、体温が下がることで睡眠を促進する働きがあります。

●良い入眠に導くためのお風呂の入り方
お風呂に入ることは、体温調節を助ける良い方法の一つです。お風呂に入ることで、体温が上昇し、その後にゆっくりと下がることが入眠を促進します。特に、就寝前にお風呂に入ることで、体温が下がるタイミングを整え、入眠をスムーズにする効果が期待できます。

●良い入眠に導くためのグリシン!!
グリシンは、アミノ酸の一種であり、リラックス効果や睡眠の質の向上に関連しています。グリシンは、神経伝達物質であるグルタミン酸とのバランスを保ち、神経興奮を抑制する働きがあります。したがって、就寝前にグリシンを摂取することで、入眠を促進し、深い睡眠を得ることができます。

●まとめ
入眠と体温の関係は深く、体温の下がり具合が睡眠の質に影響を与えます。良い入眠を促すためには、就寝前の体温調節を意識し、お風呂に入ることやグリシンの摂取などの方法が有効です。これらの方法を取り入れることで、より良い睡眠を得ることができます。